進撃のFX

トレンドラインをブレイクしたらエントリー?

(公開: 2020年11月26日)

日、ブログを読んだ読者さんから・・・
「トレンドラインを使ったエントリー方法が
 とても参考になりました。
 他にも良い使い方があったら教えて下さい!」
・・・というメールを頂きました。
 
トレンドラインはとてもシンプルですが
色々な使い方がありますので
今回はエントリー以外の使い方を解説いたしましょう!
 
既にお伝えしたように、トレンド相場が始まったら
トレンドラインを引いてエントリーを仕掛けるのは
とても有効な手法です。
 
ただ、トレンドは永遠に続くものではなく
いつかは終りを迎えます。
 
その判断のひとつとして
トレンドラインをローソク足が明確に超えて確定したら
トレンド相場終了のサインと考える事が出来ます。
 
これを「ブレイクする」と表現したりしますが
このブレイクしたポイントで利益確定するのは
簡単かつ有効な方法であると言えるでしょう。
 
そして実は、ブレイクされたトレンドラインは
その後にレジスタンスとなったり
サポートとなったりする事が多いので
ぜひ知っておいて下さい。
 
下記のチャート画像は前回と同じチャートですが
下落を続けてきたローソク足が
トレンドラインを明確に上へブレイクしています。
 

 
そして、その後の値動きを良く見てみると
ブレイクしたローソク足がトレンドラインまで戻り
そこでサポートされて反発しているのがわかりますね。
 
このような場合はトレンド相場が終了し、
レンジ相場に移行する可能性が高くなるのです。
 
ただ、気を付けなければいけないのは
トレンドラインをブレイクしたからと言って
すぐに上昇トレンドが始まる訳ではない
・・・という事です!
 
つまり、それまで続いてきた下落トレンドが終了しただけであり
上昇トレンドへ転換するかどうかは、その後の値動き次第と言えます。
 
一般的には、レンジ相場が続いた後に
上昇トレンドへ転換する場合と
再び下落トレンドに戻る場合が考えられます。
 
ですので、トレンドラインをブレイクしても
慌ててエントリーせず
相場がどちらに向かおうとしているのか
冷静に見極める事が大切です。
 
まずはテクニカル分析を用いて
次のトレンド相場の開始を待ち
根拠が揃ったら恐れずに戦っていきましょう!
 
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。