進撃のFX

ニューヨークダウって何ですか?

(公開: 2020年10月10日)

回の記事で触れたニューヨークダウ(NYダウ)について
読者さんから質問メールを頂いたので
詳しく解説していきます。
 
ニューヨークダウとは
1896年からS&Pダウ・ジョーンズ社が発表している
アメリカの代表的な株価指数の事です。
 
正式名称は、「ダウ工業株30種平均」と言います。
 
この株価指数は、アメリカを代表する上場企業のうち
鉄道・公共事業を除く全ての業種のなかから
優良銘柄30種を厳選し、特定の計算方法で算出されています。
 
日本で言えば、「日経平均株価」と同じようなもの
・・・と考えれば分かりやすいでしょう。
 
しかし、このニューヨークダウは
わずか30銘柄の株価指数であるにもかかわらず
世界中の投資家から注目されているのは
何故なのでしょうか?
 
それは、アップルやボーイング、マクドナルドのような
世界中で事業を展開している有名企業が選ばれているため
アメリカだけではなく世界経済を反映した指数でもあるからです。
 
ですから、もしニューヨークダウが大幅下落すると
投資家達は「自分が持っている株も値下がりするのではないか」
・・・と不安になり、保有している株を売却するので
世界中の株価が下落する傾向があります。
 
このように、アメリカ経済の勢いを表しているニューヨークダウは
世界に大きな影響を与えている重要な指標なのです。
 
いかがでしたか?
 
今まで良く知らなかったニューヨークダウも
その数値が何を意味するのかを知って観察してみると
経済の動きがより深く理解できるようになります。
 
また、為替相場との相関関係は
その時々の複数の要因によって変化し
様々なパターンがあるので
腰を据えて研究してみるのも良いかもしれませんね。
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。