進撃のFX

ヒゲ先?実体?トレンドラインの引き方はコレ!

(公開: 2020年10月24日)

回お伝えした通り
FXではトレンド方向に沿ってトレードする
「トレンドフォロー」が最も利益を出しやすい手法です。
 
そして、トレンド相場でトレードする際に欠かせないのが
トレンドラインを引く事です。
 
トレンドラインとは
トレンド相場において斜めに引くラインの事を言います。
 
たとえトレンド相場であっても
レートは一方向に動き続ける訳ではなく
上がったり下がったりを繰り返しながらジグザグに動いています。
 
なので、その値動きに対してトレンドラインを引くと
トレンドの方向や売買ポイントが視覚化出来るのです!
 
【上昇トレンドの場合】
2つ以上の目立つ安値同士を結んで引く。
 
【下降トレンドの場合】
2つ以上の目立つ高値同士を結んで引く。
 


 
チャートを見てもらえばわかりますが
トレンドライン付近までレートが到達すると
そこから反発して再びトレンド方向に動いていますね。
 
なので、トレンドライン付近は
上昇トレンドなら買い、下降トレンドなら売り
・・・というように、エントリーポイントの目安となるのです。
 
ただ、トレンドラインにタッチしたという根拠だけで
エントリーを仕掛けるのは非常にキケンです!
 
あくまでも、重要な節目レートやチャートパターンなど
幾つかの根拠と組み合わせて使う事で
より精度の高いトレードにつながると言えるでしょう。
 
また、よく聞かれるのが
「トレンドラインはヒゲ先にあわせて引くか?
 それとも実体にあわせて引くか?」
・・・という質問です。
 
これには決まった定義がないので人それぞれですが
私は基本的にヒゲ先に引いています。
 
なぜなら、防御中心に考えているためです。
 
ただ、ここで最も大切なのは
もっとも市場で意識されている部分を結ぶ
・・・という事です。
 
止められている箇所が多ければ
多くのトレーダーが当然意識している証拠となりますから
より正確な反発ポイントとして機能する事でしょう。
 
ですから、レートが反転する場所がもっともぶつかる角度で
トレンドラインは引いてみるといいです。
ヒゲ先だけにこだわらず実体も両方とも確認して下さいね。
 
このように、トレンドラインはシンプルな分析方法ですが
有効なトレンドラインを引けるようになれば
トレードの精度が格段にアップします。
 
ですので、是非あなたも
相場参加が意識しているポイントを見定めて
トレンドラインを引けるようたくさん練習してみて下さい。
 
そうすれば、より的確なポイントでエントリーし
利益を伸ばすトレンドフォローが出来るようになりますよ。
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。