進撃のFX

ライン引きすぎ問題をプロトレーダーがスッキリ解決!

(公開: 2020年08月29日)

回の記事を読んだブログ読者さんから・・・
 
「節目に水平線を引いたらチャートがゴチャゴチャして
 見づらくなっちゃいました。合ってるのか不安です。」
 
・・・という相談メールを頂きました。
 
これは初心者に良くある悩みなのですが
短期足にまで水平線を引きまくっているから
チャートが見にくくなってしまうのです。
 

 
そもそも水平線を引く目的は
相場が反転する可能性がある強い節目を把握して
トレード戦略に活かす為です。
 
ですから、まず長期足である月足から順番にチェックしていき
何度も跳ね返されているレートに水平線を引いていきます。
 
デイトレードやスイングトレードならば月足・週足・日足、
場合によっては4時間足までに引いておけば十分でしょう。
 

 
では、なぜ長期足で節目を確認する事が
重要なのでしょうか?
 
それは、巨大な資金力で相場を動かす事が出来る
大口トレーダーが意識する場所だからです。
 
実際、長期足で何度も止められている節目にレートが到達すると
多くのトレーダーの思惑が交錯し
売り手と買い手の激しいバトルが繰り広げられます!
 
そして、その大きなバトルの決着こそが
新たなトレンド発生の起点となり得るのです。
 
だからこそ、新しいトレンドに乗るために
水平線を目印として引いておき、
エントリーの準備をどこですべきかを示しておく訳です。
 
ですので、まずは長期足のチャートを見て
「ココだ!」と思ったレートだけに水平線を引いてみましょう。
 
そして、その後の値動きを追いかけていき
自分が引いた水平線はキチンと意識されていたか?
・・・という確認を行っていく事が何より大切です。
 
そういった地道な作業を続けていけば
段々と理解が深まっていき
機能する水平線が引けるようになっていくはずです。
 
FXでスキルを習得する為には
どんどん自分の手を動かして
経験を積んでいくしかありません。

 
ぜひ、あなたも色々な通貨でたくさん練習して
厳選した水平線だけをチャートに引くようにして下さいね。
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。