進撃のFX

勝率の高いブレイクポイントをプロが解説!

(公開: 2020年06月12日)

ャートを良く見てみると
同じレートで何度もローソク足が
止められている場所がありますが
そこは多くのトレーダーが意識している抵抗帯です。
 
なので、抵抗帯を明確にブレイクした時は
エントリーチャンスの可能性が出て来るのですが
「明確にブレイクするってどういうこと?」
あなたは疑問に思ったことはありませんか?
 
実は、ブレイクの基準に正解は無いのですが
FXは多数決で値動きが決まるので
誰がどう見ても「ブレイクしている」と
思えるチャートである事が何より重要です。
 

 

 
例えば、上記のチャートにある抵抗帯では
何度もレートが反発していましたが
○印の陰線でシッカリと実体でブレイクしました。
 
こういったポイントが
「明確にブレイクした」と誰もが思う所なので
ヒゲだけがブレイクしたり
ほんの数pipsだけブレイクした場合は
私なら見送りますね。
 
そして、ブレイク後はすぐに飛び乗るのではなく
一旦は抵抗帯まで戻し
もう一度ブレイクした方向に動くのを
確認してからエントリーするのが
一番勝率が高いエントリー方法です。
 
エントリー後は思惑通り
レートはどんどん下降して行き
短時間で利益を上げる事が出来ました。
 
私のように
勝率が高いエントリーポイントまで待つと
エントリーがやや遅くなる為
獲得pipsが少なくなるのは事実です。
 
なので、ブレイク直後に
エントリーしても良いと思いますが
その場合は戻している間は
含み損を抱える事になります。
 
含み損だけならまだ良いのですが、
ブレイクしたと見せかけて
また抵抗体の上に戻って行く
ダマシにあうリスクが伴うことも知っておきべきです。
 
つまり、あなたがリスクを取って攻めて行きたいのか
あるいは慎重に勝率を高めて行きたいのか
トレードスタイルをどちらかに決めることが大切なのです。
 
ですので、デモトレードで
両方のエントリー方法を試してみて
自分にはどちらが合うのか判断してから
トレードに臨んで下さいね。
 
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。