進撃のFX

即金系ネットビジネスは真面目にやらない説

(公開: 2019年11月05日)

Xを含む投資系のネットビジネスは
即金系とも呼ばれているジャンルになります。
 
ようは、取り組み始めてから
実際にマネタイズ(収益化)するまでの期間が
とっても短いという意味です。
 
これが他のネットビジネスだと
ビジネスそのものをスタートさせる準備段階で
非常に長い時間と労力がかかりますし
スタートしたとしても
稼ぎに直結するまでが
さらに長いなんて事もザラにあります。
 
しかし、FXなんかは、その気になれば
数日でスタートしてお金を稼げてしまいます。
 
しかもラッキーパンチもある訳で
なおさら参入障壁の敷居の低さから
誰でも取り組めてしまうというメリットがあります。
 
ただ・・・、
私に言わせれば
それはメリットではなく
デメリットだと思っているんです。
 
なぜなら、誰もがすぐに始められるからこそ
チャンスは山のようにあるわけですが
それと実際に稼ぎ続けられる難易度とは
完全に別問題だからです。
 
誰でも月利20%とかは絶対にあり得ないし
みんなが参入して本当に稼ぎ続けているなら
もっと脱サラしている人が増えているし
9割の人が退場なんていうデータも
存在しないはずですよね。
 
つまり、それだけ入るのは容易だが
勝ち続けるのは困難で
アッという間に退場させられている訳です。
 
この原因こそが
参入障壁の低さと
紹介している人たちの誇大表現でしょう。
 
そもそも、どんな仕事やビジネスであっても
研修期間は少なからず存在し、
失敗もしながら少しずつ成長して、
本当のプロになっていくはずです。
 
これを読んでいるアナタだって
今、何かお仕事をしているでしょう?
 
その仕事において
今、どれだけの知識とテクニックを持って
毎日こなせているのでしょうか?
 
入社した数日間と同じだ・・・
なんてことは絶対にないですよね?
 
でも、FXになると、
初心者なのにバカみたいなトレードをして
反省も勉強もしないで取引を続けまくり
最終的に破産する・・・・。
 
しかも、なぜか、その行ないを
他人や商材、FXそのモノのせいにして
自分のスキルは棚に上げる人が多いのです。
 
それって私たちプロトレーダーからすると
ホント迷惑な話で、自分のせいで負けたのに
さもFX自体が詐欺ビジネスみたいに言う人がいて
業界の発展につながらない訳です。
 
いい加減な気持ちや
甘い気持ち、怠惰な気持ちで
FXの世界に参入してくるな!
って言いたいですよ。
 
とにかくFXで負けている人のトレードを見ると
「そりゃあ負けて当然だろ!」
というものばかりです。
 
それだけまったく勉強も反省もしていない・・・。
 
一般の仕事なら真面目に研修も受けるのに
FXになった途端、真面目にやらない。
 
そういったクズい根性を直して
本気で努力を正しく行わない限り
絶対FXでは勝てるようになりません。
 
ぜひ、私のブログ読者やメルマガ読者には
そういった志の低い連中のようにならぬよう
しっかり努力を続けて欲しいと思います。
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。