進撃のFX

指値注文について

(公開: 2019年07月17日)

回の記事では、
指値注文(さしねちゅうもん)
について解説しようと思います。
 
この指値注文というのは
前回の逆指値と反対の注文方法で
利益確定を自動で狙うイグジット方法です。
 
まぁ、損切の注文があるなら
その逆だってあるだろうな・・・と、
思った読者さんも大勢いると思います。
 
まさに、指値注文というのは
逆指値注文の反対で
一定の利益が乗るレート条件に達したら
自動的に利益確定をしてイグジットする注文となります。
 
別名、テイクプロフィットなんて呼ぶ場合もありますが
「指値を入れておく」なんて言われ方が多いですね。
 
では、その指値注文の入れ方を
実際のDMM画面で解説していきますね。
 
 
 
【指値注文の入れ方】
 

まず、すでにエントリーをしていなければ
自動利確の指値注文は入れられないので
今回は例として、ロングエントリーしている所から
解説をしていきますね。
 
このスピード決済画面からは指値を入れられないので
通常のチャート画面に戻す必要があります。
 
 
 
 

画面の上にあるスピード注文を押して
通常チャート画面に戻せば、
下の方に選択肢が再度出てきます。
 
この中から「トレード」という部分を押します。
 
 
 
 

画面が変化しましたら、
真ん中に並んでいる選択項目の「ポジション照会」を押します。
 
 
 
 

画面が「ポジション照会」になりましたら
実際にエントリーした情報が詳しく出てきますので
その情報の部分をタップします。
 
※今回の例としては108.230
 ロングエントリーしています。
 
 
 
 

再度、選択肢が表示されますので
「決済注文画面」という部分を押します。
 
 
 
 

画面が変化しましたら、
真ん中に並ぶ選択肢から「指値・逆指値」を押します。
 
そして、下の方にある執行条件で
「指値」という方にチェックを入れます。
 
 
 
 

自分のエントリーしたレートが
画面の真ん中の左辺りに表示されています。
 
あくまで自分のエントリー値ではなく、
現在のレートより高いレートでなければ
指値注文は入れられないのですが
基本的にはこの部分を参考にして
指値レートを決定します。
 
今回は108.300に達したら
利確されるようにレートを設定しました。
 
 
 
 

指値レートも設定しましたら、
画面を下へスクロールさせて
最後に「確認画面」のボタンを押します。
 
 
 
 

最終確認画面が表示されるので
内容に問題がなければ、「注文」を押します。
 
 
 
 

注文照会の画面となり、
「指値注文」が入った事を示しています。
 
今回はロングエントリーをしているため
イグジットとしては、売って利益を得る・・・
・・・という意味になります。
 
 
 
 
【指値注文のキャンセルと変更方法】
 
もし、注文を出したあとで、
やっぱりキャンセルをしたくなったり
指値のレートを変更したくなった場合は
注文照会画面から簡単に手続きができます。
 
 

いつも通り、トレード画面から注文照会画面にして
すでに発注している「指値注文」の情報部分を押します。
 
 
 
 

選択肢が表示されますので
「注文変更・取消」を押します。
 
 
 
 

もし、単純な取り消しというだけなら
画面の右下にある「取消確認」を押して
進んでいくだけになります。
 
 
 
 

指値レートの変更をする場合は、
注文レートの部分を改めて設定し直して
下の「変更確認」を押せばOKです。
 
 
 
 

確認画面が出ますので、
変更内容に問題が無ければ「注文変更」を押します。
 
 
 
 

注文照会の画面に戻りました。
これで指値レートの変更も完了です。
 
 
 
 
さて・・・・・・
 
ここまで指値注文の出し方を解説してきましたが
これだけ細かく解説したクセに
ちょっと残念なお話をさせていただきます。
 
正直、この指値注文を使うことは
基本的に無いと思って下さい。
 
なぜかと言いますと、
明らかにギャンブル的なトレード方法になるからです。
 
それもそのはず・・・・
 
利益を確定する条件を満たさない限り
永遠にポジションを手放さない
・・・・という意味ですから
それは指定したレートに来なければ
最悪、証券会社の強制ロスカットしかないワケです!!
 
ですから、本当にイチかバチかの
丁半博打みたくなってしまうので
基本的にはこの指値注文を単体で使うことはありません。
 
少なくとも、私が教えている手法は
そういうギャンブルトレードではないので
使いません・・・という意味です。
 
ただ、トレーダーの知識として
最低限知っておくべきだろうという観点から
解説はさせて頂きました。
 
一応、そういう方法もある事は覚えておいて下さい。
よろしくお願いします。
 
 
【次の記事はコチラ】
利益確定と損切りを両方同時に注文する!
コチラをクリックして進んで下さい↑
 
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。