進撃のFX

損切損切損切ィ~ッ!!抜け出したい?

(公開: 2020年04月26日)

ンサル生のトレードを添削していてよく思うのが
「なんでこんなところでエントリーしたの?」
ってことです。
 
強いサポートラインが近いところでショートしてみたり、
ぐちゃぐちゃレンジ相場の中でロングしてみたり、
それじゃ負けるよねってw
 
書いてある根拠を見ると
一生懸命分析をしている努力はわかるんですが
どうでもいい根拠が多くて
肝心の相場環境認識がきちんと出来ていないんです。
 
相場環境認識というのは
今の相場がトレンド相場なのか、レンジ相場なのかを
長期足から下位足へと順番に分析すること
トレーダーのテクニックとしては基本中の基本です。
 
プロはこの相場環境認識を
ローソク足プライスアクション
水平線トレンドラインなど
様々な情報を総合的に考え
じっくりと時間をかけて行っています。
 
FXでは難しいインジケータを使った
小手先のテクニックや
手法ばかりが取り上げられがちですが、
一番大切なのはチャート分析であり
相場環境認識だと思ってください。
 
ここがきちんと出来ていないのに
やたらとエントリーしても
利益を上げるトレードにはつながらないでしょう。
 
実際、私のコンサル生には
同じ手法を教えていますが
それでも勝てる人と勝てない人がいるのは
そういった分析が出来ているかどうかの違いですね。
 
まず最初に相場状況を把握し
エントリー出来ると判断したら
戦略を立ててチャンスまで待つ。
 
そして、狙い通りのポイントに来たら
やっとエントリーが出来るのです。
 
いかがですか?
 
エントリーまでには
様々なステップがあることを
おわかりいただけたでしょうか?
 
稼ぎたい気持ちは理解できますが
短期足ばっかり見て
サインツールでシグナルが出たから入る・・・
なんて理屈だけでは勝てるようになりませんよ。
 
エントリーした途端に逆行する
「FXあるある」にお悩みのあなた!
 
相場環境認識が正しく出来ないと
「木を見て森を見ず」なトレードを
繰り返すことになりますから
トレード前には長期足から確認することを
習慣にしてくださいね。
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。