進撃のFX

攻め型エントリーをしたい人はココに注意!

(公開: 2020年11月05日)

前、トレンドラインの引き方について
記事を書きましたが覚えていますか?
 
その記事を読んだ読者さんから
「結局、トレンドラインはどこに引くのが一番いいの?」
・・・という質問メールを頂きました。
 
トレンドラインの引き方には絶対的な決まりは無く
トレーダーによって違う事は既にお伝えした通りです。
 
そして実を言うと、ヒゲ先で引いても実体で引いても
それぞれメリットデメリットがあるのです。
 
なので、今回は実体にトレンドラインを引いたパターンについて
詳しく解説していきます!
 
 
例えば、あなたが
「トレンドラインにタッチしたらエントリー」
・・・という手法でトレードしているとしましょう。
 
このチャートにあるように
○印でエントリーした場合は
シッカリと利益を得る事が出来ますね。
 

 
ところが、☓印でエントリーした場合は
トレンドラインを下抜けてしまいます。
 
それを見たあなたは
「うわっ!なんで!?ヤバイ、下行っちゃったぁー!」
・・・と慌てて損切りするのではないでしょうか?
 
しかし、その後
トレンドラインを下抜いたはずのローソク足は
下ヒゲ(ピンバー)をつけてトレンドライン上に戻り
再び上昇していきました。
 
つまり、損切りした後に狙った方向に動いていった
・・・という非常に悔しい結果になってしまった訳です。
 
この手法のように
より早くトレンドに乗りたいと
攻め型マインドでエントリーをする場合・・・
 
■早い段階でエントリー出来るので 
 大きい利益を狙うことが出来る
 
というメリットがある反面、
 
■早くエントリーし過ぎてしまい
 損切りで終わってしまう
 
というデメリットも存在します。
 
もし、あなたが攻め型のスタイルでトレードをしているなら
このようなメリットとデメリットの両面がある事を
キチンと頭に入れておきましょう!
 
特に、早過ぎるエントリーは
損切りに誘導させられ易い傾向がありますので
戦略のデメリットを理解した上で使っていきましょう。
 
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。