進撃のFX

決着がつくとはどういう意味か?

(公開: 2019年09月10日)

日言った「決着」という意味が
うまく伝わっていなかったようなので
改めて解説しますね。
 
何度も言うように、
個人投資家が狙うべき相場は
トレンド相場です。
 
アップかダウンのどっちかのトレンドに乗り
流れに逆らわない順張りを基本とします。
 
そのトレンドが始まる前は
基本的にレンジ相場があります。
 
つまり、買いと売りの戦いが拮抗し
一方通行な動きにならない状態です。
 
そういうレンジ相場は
まだ「買い勢力」「売り勢力」との
決着がついていないという意味になります。
 
なので、レンジブレイクをしてトレンドが始まったら、
どちらかの勢力が勝ったという事ですから
決着がついて勝った方の勢力についていけばよい訳です。
 
しかし、シロウトはどちらが勝ったか
判別がつかないうちに
すぐにエントリーしてしまいます。
 
何度も言うようにギャンブルではないので
そういう無謀な事はするべきではないですね。
 
ぜひ、このブログを読んでいるあなたは
反面教師として学んで下さい!
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。