進撃のFX

通貨の強弱って考えたことある?

(公開: 2020年10月02日)

日、読者の方から・・・
 
「ユーロドルとドル円は逆相関なので
 片方が上がれば、片方は下がりますよね?」
 
・・・という質問メールを頂きました。
 
ユーロドルとドル円は
為替市場において取引シェアが1位と2位の
非常に流動性が高い通貨ペアです。
 
そして、基本的にユーロドルとドル円は
逆相関の動きになる事が多いです。
 
「逆相関」とは・・・
片方が上がれば片方が下がる動きを指し
「相関」とは・・・
両方が同時に上がったり下がったりする動きを指します。
 
しかしながら、ドル円が下がっている時は
ユーロドルを買えば簡単に儲かる
・・・という訳ではないので注意が必要です!
 
何故なら、ユーロ・ドル・円の強弱によって
値動きは決まるので
単純に考える訳にはいかないからです。
 
それでは、それぞれのケースについて
ジックリ解説致しましょう!
 
【逆相関となるケース】
ドル円下落 → ドルの価値が下がって下落。
 
ユーロドル → ドルの価値が下がり
         ユーロ高になるので上昇。
 
これは、ドル安が要因となっているため
逆相関の動きをします。
 
【相関となるケース】
ドル円下落 → 円の価値が上がって下落。
 
ユーロドル → ユーロとドルを比べた時に
        ユーロの価値が低ければ下落。
 
この場合は、3通貨の力関係が
円>ドル>ユーロとなるため、相関の動きとなります。
 
このように、ドル円の動きだけを見て
ユーロドルの動きを決めつけるのではなく、
常に、どの通貨が1番強いのか?
・・・という目でチャートを見なければなりません。
 
プロトレーダーともなると
 
■ドル単体の強さを示すドルインデックス
■ニューヨークダウ
■各国の通貨強弱チャート
 
などの様々な情報から総合的に分析しています。
 
まぁ、一気にそこまで出来なくても良いのですが・・・
 
とにかく、自分がトレードする通貨ペアだけではなく
相関関係の強い通貨ペアもチェックする事
心がけてみて下さい。
 
そうすれば、だいたいの値動きがイメージ出来るようになり
トレード根拠のひとつに加える事が出来ます。
 
慣れるまでは少し難しいかもしれませんが
ぜひ、あなたも通貨の強弱を意識して
チャートを観察していきましょう!
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。