進撃のFX

FXに100%の勝率を求めるバカ

(公開: 2020年05月05日)

Xの指導をしていると、
「●●を守ってトレードしたのに
なんで負けたんでしょうか?」
と、負けたことへの原因を求める人がいます。
 
もちろん、なぜ負けてしまったかの
敗因をしっかり分析して
次に活かすPDCAは大切なことです。
 
ただ、そういった原因の追究が
テクニカル的な分析に言及されず
ただ感情的な怒りに任せてなぜか?
・・・と探ることほど愚かなものはありません。
 
なぜなら、他のビジネスと違って
FXは特定のルールや条件を守れば
100%勝てると決められた内容では無いからです。
 
いわゆる「聖杯探し」ってヤツです。
  
「じゃあ、学んでも意味ないじゃん!」
 
と言われそうですが
そうではありません。
 
あくまで100%は無いというだけであり
優位性を考えてトレードをしていけば
資産は増えていくという理論です。
 
カンタンに言えば、
当たりしか入っていないクジは存在しませんが
10個中、8個は当たりクジというくじ引きは
存在しますよという意味です。
 
そういう勝てる可能性の高いクジを探す事が
相場環境認識や、プライスアクション、
チャートリーディングなどだという事です。
 
それらを駆使して分析をしていけば
当たりクジが多く入っているくじ引きを引くに
等しい戦いができると言いたいだけです。
 
しかしながら、
勝てる可能性の高いトレードというだけなのに
高い優位性を100%勝てる条件と勘違いして
「なんで?なんで?」と疑問に思っても意味はありません。
 
単純に優位性の高い相場を狙って
何度も繰り返しトレードする事が、
総合計として、証拠金を増やす結果になる事だと
つねに念頭に置いてトレードを繰り返すだけなのです。
 
ぜひ、その絶対的法則を覚えておき
勝てなかった時こそ
ルールをヘタに変えてはならない事
心に留めてやっていきましょう!
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。