進撃のFX

FXの負けるべき勝ち方とは?

(公開: 2019年08月23日)

く、FXの初心者なのに、
「俺は負けた事が無い」って言い張る方がいます。
 
それって、いわゆる投資の天才なのか?
それとも・・・・・?
 
このカラクリは、損切を全く行わずに
延々と指値決済しかしない人に起こり得る例です。
 
損切をしない場合、
追証の発生が無い限り勝敗は決しないため、
当然、負けにもなりません。
 
しかし、このトレード方法で勝利するのは
とても危険な事なのです。
 
こういった方法で勝利の味を占めてしまうと
損切を一切しないクセがついてしまい
いつかは追証レベルの負け相場に遭遇する事になります。
 
なので、本来は自分の想定していたシナリオが崩れた場合は
潔く損切を行なって、次のチャンスを待つべきなのです。
 
追証の無い海外証券の証券会社ならば
そんな戦略を続けた場合、待っているのは破滅です。
 
負けるイコール全証拠金の消滅になってしまうのですから・・・・。

ですから、損切ナシの勝利より、潔く負けを認めて、
損小利大で戦うクセをつけていきましょうね。
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。