進撃のFX

FXは損小利大が基本中の基本!!

(公開: 2019年08月03日)

前、このブログの中で
資金管理の大切について解説しましたが
今回は投資の格言【損小利大】について
解説をしていきたいと思います。
 
それは、負ける時は小さく負けて
勝つ時は大きく勝つという
「絶対の掟」だと思って下さい!
 
以前の資金管理の話題からつなげていくのであれば
負けを許容するのは全資金の1%に抑え
勝つ時は2%以上を目指せ!
・・・・・という意味になります。
 
これが守れない人こそ
最終的にはどんどん資金を減らし
退場を余儀なくされるのです。
 
これから様々なトレード手法をお伝えしていく予定ですが
最終的に、様々な手法を重ね合わせつつ
あなた自身が得意とするオリジナル手法を
作っていく事となります。
 
その時のマイルールとしては
許容損失は全資金の1%に設定し、
利確する時は倍以上になるよう
手法を編み出す必要があるのです。
 
それを破ってしまうと、
感情的なギャンブルトレードとなり
最終的には身を滅ぼします。
 
よく、「バルサラの破産確率論」と言って
勝率と損益率のバランスによって
何%の確率で破産するか予測する法則が
議論されたりしています。
 
そのバランスを考えてあーだこーだと
手法の良し悪しを考えていくのですが、
ハッキリと私が定義付けておきます!
 
勝率は50%でいいので
リスクリワードは1:3にして下さい。
 
つまり、分かり易く例えますと
100万円の証拠金でトレードするなら
損切は1万円までにして、
利確は3万円以上に設定する。
 
この手法を確立させて戦っているなら
絶対に破産は計算上有り得ません。
 
このリスクリワードのバランスが
少しでも悪い方向に崩れるなら
破産確率が増加してきますので
今後の絶対的な掟として
守っていくようにして下さい。
 
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。