進撃のFX

FXは通貨価値が下がっても儲かる!?

(公開: 2019年06月20日)

こまでの説明で、
FXがどういう投資ビジネスなのか
アナタもなんとなく稼ぎの仕組みが
理解できて来たのではないでしょうか?
 
投資ビジネスには
不動産、株、仮想通貨などなど・・・・
もちろん色々なジャンルが存在しますが
為替によるFXが、
その中でもかなり利益につなげ易い
私は考えています。
 
その理由の1つに、
「通貨の売り交換」においても
利益を出せるから・・・
という根拠があります。
 
今までの例えですと、
異なる外国の通貨に交換して
元の通貨の価値が上がったら
また戻して儲けを得る・・・
と解説してきました。
 
しかし、よく考えれば分かるように
その逆も有り得るという事に
気づいて欲しいのです。
 
日本円を米ドルに交換する・・・
という為替取引があるなら、
逆に米ドルを日本円に交換する・・・
という為替取引もあります。
 
そもそも為替の売買というのは、
厳密には交換というより
お金でお金を買ったり、売ったりしている・・・
という意味にもなる訳ですからね。
 
つまり、FXの取引においては
買うという意味の交換だけでなく
売るという選択も出来るのです。
 
今までの例ですと、日本円で米ドルを買う・・・
という意味ばかりでしたが、
逆に米ドルとして日本円を買う・・・・
という選択肢も存在するのです。
 
それは日本円から見たら
日本円を売っているという理屈になります。
 
以前、FXの取引は専門の証券会社を通して
実際は取引をすると伝えましたが
その時は「買うのか?」「売るのか?」
という取引の選択が出てくるのです。
 
要は、米ドルの価値が上がると思うなら
日本円で買うという選択をすればいいし、
米ドルの価値が下がっていくと思うなら
日本円を売るという選択になっていきます。
 
今までは価値が上がったら儲かる・・・
という形しかないようなイメージでしたが
日本円を売るという方法でも
利益は出せると思って下さい。
 
厳密に理屈を解説すれば、
そういう細かいお話になってしまうのですが、
要は、丁半博打のように、
上か下かを当てるゲームだと思ってもらってOKです。
 
まぁ、「FX=丁半博打」と思われると
ちょっと趣旨が変わってしまうのですが
やっている事は結局それだけの事なので
今のところはそういうものだと理解し、
投資ビジネスとしては敷居がとても低く
キャッシュポイントが多いのだと考えて下さい。
 
 
【続きの記事はコチラです】
実際に取引で利用するチャートとローソク足について
次の記事を読むには上の文字をクリック↑
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。