進撃のFX

FXのレバレッジとは?

(公開: 2019年06月14日)

前、FXがどういう仕組みで
稼ぎに至るか解説をしました。
 
しかし、以前の解説だけで真に受けると
為替レートで稼ぐことは分かっても、
「1円や2円稼げたって、全然嬉しくないよ!」
・・・・という気分かもしれません。
 
しかし、現実は違うのです。
 
ここでFXをやる人全員に知っておいて欲しい事が
レバレッジという仕組みです。
 
レバレッジというのは
いわゆる「テコの原理」の事を言いますが
FX的に言うと、小さな資金で
大きな取引ができるシステムという意味になります。
 
ここで、以前の具体例を使って
レバレッジについての解説していきましょう。
 
たとえば、1ドル100円というレートの時に
100円で1ドル買っておいたとします。
 
その後、1ドル101円に変わったとすれば
円に戻した時、1円の儲けになるっていうのが
誰でも分かる理屈ですが・・・
 
ここにレバレッジをかけて取引をすると
まったく違った結果になってきます。
 
先に言っておくと、日本のFX取引をする証券会社は
レバレッジが基本的に最大25倍と決まっているので
その規定で取引をすると、
儲けが25倍になってしまうのです。
 
さらに、レバレッジだけでなく
通貨の交換量も増やせば、
もっともっと稼げる量も倍増する訳です。
 
たとえば、1ドル100円の時に
1万円出して、100ドル分の通貨を購入します。
 
この時、25倍のレバレッジもかけて
取引をする訳です。
 
そして、1ドルが101円になったとしたら・・・
100×25で2500円の儲けになるという意味です。
 
なんとなく、意味は分かりますでしょうか?
 
ある意味、ルーレットのオッズと
掛け金の関係に似ていますが
いくら分交換するのか?
どれだけのレバレッジをかけて取引するのか?
・・・によって儲けや損失額も変わるという事です。
 
当然、予想したレートとは逆に動くこともありますから
その場合は同じ分だけ損もするという事になります。
 
ですから、いくら分の外国通貨に交換するのか?
どれだけのレバレッジをかけて勝負するのか?
・・・という事は良く考えてやらなければなりませんね。
 
 
【続きの記事はコチラ】
利益が出るまで交換しなきゃ100%稼げるの?
上記の文字をクリックして下さい↑↑↑↑
 
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。