進撃のFX

勝ちたければ為替市場の参加者を知れ!

(公開: 2019年03月17日)

FXで勝ちたいという人は大勢いますが
そのために必要な大衆心理を掴もうとする人は
メチャクチャ少ないです!
 
そして、そんな大衆心理を知るためには
まず為替市場の参加者について知る必要があります。
 
為替市場の参加者とは、以下のとおりです。
 
○事業会社を始めとする実需筋
○機関投資家
○個人投資家
 
為替は決済手段としての側面も有しているため、
単純なトレード手段とは異なり
最終的には反対売買されないケースもあります。
 
為替市場の特徴をとらえる場合、
反対売買を行わない実需筋の存在無しには
語ることはできません。
 
カンタンに言えば、
トレードで稼いでやろうという人ではなく
単純に商品の輸出入や旅行のために
貨幣を変換する人たちです。
 
そのため、反対売買を行わない実需筋の動向が、
為替市場でトレンドを作っているとも言われます。
 
しかし、それ事実と異なります!!
 
為替市場での最大のプレイヤーは
やはり機関投資家です。
 
その比率たるや、
相場全体の9割を占めます。
 
つまり、銀行、証券会社、ヘッジファンドを始めとする
様々な機関投資家が為替のトレードを行ってるのです。
 
それだけ大勢の参入率があるからこそ
為替市場は機関投資家が動かしている
・・・と言っても過言ではありません!
 
ですから、様々なツールや知識で理論武装している
機関投資家の思惑に付いて行くことこそが、
つまりトレンドフォローをすることに繋がります!
 
それこそがFXトレードで勝つための秘訣であり、
個人投資家が持つべきマインドになるのです。
 
それなのに、機関投資家のエントリー方向と
反対にトレードしているようでは、
FXで勝ち続けることは皆無です!!
 
この事はよく頭にいれておきましょう!!
 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。